スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下つ巻 第二十一帖(63)

昭和十九年七月二十四日、旧六月五日(1944年)

 ??ばかりでもならぬ、??ばかりでもならぬ。??がまことの神の元の国の姿ぞ。元の神の国の臣民は??でありたが、??が神国に残り??が外国で栄へて、どちらも片輪となったのぞ。??もかたわ??もかたわ、??と??と合はせてまことの??(かみ)の世に致すぞ。今の戦は??と??との戦ぞ、神の最後の仕組と申すのは??に??入れることぞ。??も五ぞ??も五ぞ、どちらも、このままでは立ちて行かんのぞ。一厘の仕組とは??に神の国の??を入れることぞ、よく心にたたみておいて呉れよ。神は十柱五十九柱のからだ待ちてゐるぞ。五十と九柱のミタマの神々様お待ちかねであるから、早うまゐりて呉れよ。今度の御役大層であるが、末代残る結構な御役であるぞ。七月の二十四日、一二のか三。
スポンサーサイト

<< 下つ巻 第二十帖(62)  【BACK TO HOME】  下つ巻 第二十二帖(64) >>


 BLOG TOP 


Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。